結論:迷ったらグローバルダイブ

セブ留学

【セブでの語学留学期間の選び方】短期で1週間?長期で半年間?

セブ島での留学に行きたいんだけど、留学ってどれくらいの期間が必要なんだろう。最低でも1年は必要かな?

本記事を読むメリット

  • □留学期間の選び方が分かる
  • □留学に行くか行かないかの決断を後押しされる

 

hideの自己紹介



24歳で新卒で入った企業を退職。その後英語力0(TOEIC235点)の状態フィリピンのセブ島にて、韓国系の学校2校、日系語学学校1校の計3校で約1年の留学経験あり。その後オーストラリアで1年のワーホリを経験。現在はTOEIC845点を保持。
帰国後は英語力が高く評価され、外資系企業で残業無しでゆるく働きつつ、給与は日本の平均年収を大幅に上回る待遇の職に就く。過去に留学アドバイザーとして年間1,000人以上の留学サポート経験有。

過去の黒歴史と現在のTOEICスコア TOEIC235点→845点へ

 

【重要なのは目的】短期?長期?セブ島での留学期間の選び方

【重要なのは目的】短期?長期?セブ島での留学期間の選び方

うーん、留学の期間って何を基準に考えたら良いんだろう。。

留学期間で悩んでいる方は下記を参考にしてみてください。

留学期間の選び方5つのポイント

①留学の目的は決まっているか

②休暇日数はどれくらいとれるのか

 ③就職活動、転職活動を控えているか

④セブ島留学後に第三カ国への大学進学する場合

⑤セブ島留学後にワーホリに行く場合

 

①留学の目的は決まっているか

一番大事なポイントとしては目的の有無になります。いくつか目的の例を挙げてみます。

短期留学(1週間~2カ月がおススメ)

□趣味で英語が喋れるようになりたい

□海外旅行によく行くので英語力を上げたい

趣味や海外旅行目的で留学に行かれる方も多くおりますが、留学が人生においての優先順位としてそこまで高くならない為、最初は短期留学から入るのをおススメします。

 

中・長期留学(3カ月~6カ月がおススメ)

□海外の大学・ワーホリに行きたい

□就職活動・転職活動に役立てたい

□海外で就職したいので英語を学びたい

□仕事で英語が必要となったので英語を学びたい

どうしても英語力を上げないと今後の生活に苦労するという方は思い切って中期~長期留学をおススメします。

 

【関連記事】

【高望み危険】セブ島留学半年で得られる英語力の効果は?TOEICは上がる?

【覚悟持て】社会人が仕事辞めて半年セブ留学するメリット・デメリット

【体験談/口コミ】セブで英語力上げるならサウスピーク日本語禁止校一択

②休暇日数はどれくらいとれるのか

留学期間に関しては一般的には一部例外を除き下記のようなタイプが多いです。

属性 留学期間目安
高校生 1~4週間、もしくは卒業後に3カ月~半年間の留学が可能
大学生 1~2カ月、もしくは休学して3カ月~半年程度の留学が可能
社会人 GWやお盆、有給休暇や年末年始を使い1~2週間

もしくは一度退職して転職活動中に3カ月~半年程度行くことも可能

 

③就職活動、転職活動を控えているか

留学が終わってから就職活動や転職活動を控えている方はその時期に向けて帰国する必要があります。

注意ポイント

就職活動・・・4月に向けて大学3年生の1月頃から本格的に準備

転職活動・・・9月、もしくは4月に向けてそれぞれ7月、2月頃から準備

【関連記事】

【高望み危険】セブ島留学半年で得られる英語力の効果は?TOEICは上がる?

【覚悟持て】社会人が仕事辞めて半年セブ留学するメリット・デメリット

【体験談/口コミ】セブで英語力上げるならサウスピーク日本語禁止校一択

④セブ島留学後に第三カ国への大学進学する場合

海外の大学に進学の場合は入念な準備が必要です。

大学進学の場合はTOEFL60~80点(大学によってもこれ以上もある)が必要になります。

一般的に大学受験の勉強をしている方(英検準2級~英検2級程度)の場合

TOEFL60点に行くのに4~5カ月、TOEFL80点を目指すのに7~8カ月程度見ておくと良いです。

 

⑤セブ島留学後にワーホリに行く場合

ワーキングホリデーに行く場合は最低でもTOEIC600点~700点(日常会話~ローカルでアルバイトできるレベル)は必要となります。

全く英語を使ったことが無い方ですと半年ほど、大学受験である程度勉強した方や英検2級~準2級程度を持たれている方ですと3カ月程度の留学を目安として持っておきましょう。

 

【期間別】セブ島の短期留学・長期留学でできることできないこと

【期間別】セブ島の短期留学・長期留学でできることできないこと

【短期留学】1週間~1カ月でできること

  • 50時間~200時間程度の学習時間
  • 勉強方法の確立
  • 発音のメンテナンス
  • アウトプットのスピード向上

 

【中長期留学】3カ月~半年間でできること

中長期で留学する方は結果を狙いに行きましょう。

  • 学習時間が600時間~1200時間取れる
  • TOEIC200点~400点伸ばすことができる
  • 日常会話程度だと早いテンポで返答ができる(もともと日常会話ができるかたは海外で仕事ができるレベルまで到達可)

全くの初心者(TOEIC200~300点程度)が日常英会話ができるくらい(TOEIC500~700点)に上がります。

また、高校卒業までしっかりと勉強している人だとTOEIC500点程取れるので+200点~400点程度となります。

参考までに、下記TOEICとコミュニケーション能力の相関図となります。

TOEIC相関図①

TOEIC公式HPより引用:https://www.iibc-global.org/index.html

 

留学は何度行ってもOK。一生に一度の時代は過ぎました

留学は何度行ってもOK。一生に一度の時代は過ぎました

留学に行きたいけど腰が重いをいう方も多いかと思います。

以前は「留学は一生に一度」と言われていましたが、セブ島のように安くて近い渡航先ができたことで時代は大きく変わりました。僕の友人の中にも会社員で年2回1~2週間留学している方。セブ留学→ワーホリ→セブ留学といったようにセブ留学で基礎を固め、ワーホリで実践し、最後にフィリピン留学で英語力を仕上げるといった方もいます。

現段階で留学に行くのを迷っているのであれば、まず1週間行ってみるというのも1つの手法かと考えます。

 

【転職は厳しい】留学はキャリアアップに繋げられるのか?

社会人の方が仕事を辞めてキャリアアップに向けて留学に行く方も多く見受けられます。留学が終わった後に直面する課題として就職活動が挙げられます。

結論から言いますと、キャリアアップに繋げることは大いに可能です。そのためには2つの条件があります。

転職成功へのポイント

□留学で英語力が上がっており、最低でもTOEIC700点以上であること

□日本での社会人経験が2~3年程度あることこの2つの条件が必須となります

 

理由としては、転職市場において重宝される人材というのが即戦力になる人材です。既に日本の企業で経験を積んでおり、かつ英語を使えるとなると他者との差別化ができ必要とされる傾向が大いにあります。

 

【関連記事】

【高望み危険】セブ島留学半年で得られる英語力の効果は?TOEICは上がる?

【覚悟持て】社会人が仕事辞めて半年セブ留学するメリット・デメリット

【体験談/口コミ】セブで英語力上げるならサウスピーク日本語禁止校一択

まとめ【セブ島での語学留学期間の選び方】短期で1週間?長期で半年間?

留学期間は人それぞれバラバラですので、とても迷う部分かと思います。

ですが今回のように下記を一度整理してみるとベストな留学期間が見つけられますので、是非参考にしてみてください。

海外での生活が不安という方はまずは1週間から留学するというのもありですよ!

留学期間の選び方5つのポイント

①留学の目的は決まっているか

②休暇日数はどれくらいとれるのか

 ③就職活動、転職活動を控えているか

④セブ島留学後に第三カ国への大学進学する場合

⑤セブ島留学後にワーホリに行く場合

 

【関連記事】

【高望み危険】セブ島留学半年で得られる英語力の効果は?TOEICは上がる?

【覚悟持て】社会人が仕事辞めて半年セブ留学するメリット・デメリット

【体験談/口コミ】セブで英語力上げるならサウスピーク日本語禁止校一択

-セブ留学

Copyright© hide life☆彡 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.