ワーホリ

【2020年】ワーホリ体験者のブログ5選【カナダ編】

カナダでワーホリしてみたいんだけど、オススメの体験談やブログはあるかな?

と疑問を抱えている方の悩みが解決できる記事となっています。

 

私自身も過去にワーホリを経験しています。

本記事ではワーホリ経験者ならではの目線で勉強になると感じたブログを紹介させていただきます。

 

本記事のブログを読むことで、カナダのワーホリについて理解することができます!

 

【2020年】ワーホリ体験者のブログ4選【カナダ編】

【2020年】ワーホリ体験者のブログ5選【カナダ編】

オーストラリアでワーホリしてた方のブログが読みたいな!

EMMA'S SITE:カナダのワーホリブログ【トロント】

EMMAさんのブログでは【エージェントに頼らないミニマム予算で楽しむ最高のワーホリ術】をテーマにワーホリ情報を発信しています。

ブログ内ではカナダワーホリでの都市の選び方やワーホリに行く前の税金・保険・銀行関係の手続きや準備からカナダ渡航後の生活までと内容が充実しています。

カナダでのワーホリを検討している方は是非チェックしてみてください。

EMMA'S SITE:https://naechan.jp/

 

たかホリ:カナダのワーホリブログ【トロント】

フィジー留学を経て、オーストラリア・カナダ・イギリスでのワーホリ経験のあるたかさんのブログです。

現在は海外を放浪しており渡航した国の数は25以上の海外渡航のベテランの方です。カナダではローカルカフェで丸1年勤務されています。

ブログ内で仕事を手に入れるまでの過程、ローカルジョブを手に入れる為のポイント(面接やレジュメの書き方等)の記事が多数あります。

カナダのワーホリでローカジョブを手に入れたい方は是非参考にしてみてください。

たかホリ:http://takaholi.com/

 

ゆる~く自由に海外生活:カナダのワーホリブログ【ビクトリア】

カナダで1年、オーストラリアで留学とワーホリ含めて4年の計5年海外経験のあるゆ~さんのブログです。

女性ならではの目線でカナダのイベントやオススメのローカルカフェ、食べ物、観光地についての記事が多いです。

ブログ内の写真が1つ1つ綺麗なので、カナダのinst映えスポットを見つけたい方は是非参考にしてみてください。

ゆる~く自由に海外生活https://livethelifeyoul0ve.com/

 

金融機関OLが30歳ギリホリでカナダに渡航した話:カナダのワーホリブログ【バンクーバー】

30歳のギリホリでカナダのバンクーバーにワーホリビザで渡航したねぼすけさんのブログです。

ねぼすけさんは渡航前に家族や友人から「帰ってきてから今のような安定した仕事は就けないよ」と言われながら渡航されています。

同じような年齢でワーホリを考えている方の背中を押したいという想いからブログを開設されました。

現在はなんとイギリス人男性と結婚し、日本で暮らしているようです。ブログではワーホリの決意から始まり、ワーホリの準備、カナダでの仕事、英語学習やワーホリの日常など150記事近くあります。

国際結婚に興味がある方は是非チェックしてみてください。

 

金融機関OLが30歳ギリホリでカナダに渡航した話:https://ameblo.jp/kia0ranz/

 

まとめ:【2020年】ワーホリ体験者のブログ4選【カナダ編】

まとめ:【2020年】ワーホリ体験者のブログ5選【カナダ編】

本記事を読んでいる方はカナダでのワーホリに興味があって、現在ワーホリに行くか検討している方が多いのではないでしょうか?

私自身ワーホリに行く前は「ワーホリ行ってもその後どうしよう...」みたいな漠然な感じで考えていたことがありました。

今は既に帰国して日本で働いていますが、迷っているなら絶対行って欲しいと思います。

 

理由としては大きく3つ

□外国人の友達ができる(普通に楽しい)

□生のネイティブの英語やネイティブではないが、英語が堪能な人と交流できる(英語力UP)

□異文化交流を通じて他国の文化や人の価値観を吸収し、視野が広がる(やりたいことが見つかりやすい)

 

「ワーホリ行って後悔しました」って話は聞いたことないです。(もっと早く行きたかったという人は20代後半に多い)

是非、一生の一度の人生、自分のやりたいことに時間を使ってみてください。

 

-ワーホリ

Copyright© hide life☆彡 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.