【失敗談】ワーホリにいって後悔したこと【ギリホリは特に注意】

ワーホリ

【失敗談】ワーホリにいって後悔したこと【ギリホリは特に注意】

□ワーホリで失敗しない為に現地で注意することを知りたい

 

□ワーホリ後に仕事が見つからなくて後悔しない?

 

□ギリホリの人って言っても大丈夫?

と疑問を抱えている方の悩みが解決できる記事となっています。

 

私自身も過去にオーストラリアでワーホリを経験しています。

本記事ではワーホリ経験者ならではの目線で事前に知っておいた方が良いことを紹介させていただきます。

 

本記事のブログを読むことで、後悔しないワーホリについて理解することができます!

【失敗談】ワーホリにいって後悔したこと7選

【失敗談】ワーホリにいって後悔したこと7選

大きく7つあります。

【ワーホリで後悔したこと】

①英語でのコミュニケーション

②語学学校3カ月いって失敗(英語力に効果なし)

③周りに日本人がたくさんいて後悔

④妥協してジャパレスを選んで失敗(1日で退職)

⑤ワーホリ前半に外食でお金使いすぎて後悔

⑥ファームジョブが見つからなくて失敗(車買って2000キロ移動)

⑦シェアハウス選びで後悔(部屋でイタリア人が女性と夜営んでてうるさい)

 

①ワーホリ中の英語でのコミュニケーション

ワーホリで海外生活が始まると一番に直面するのが言葉の壁ですね。日本でもっと勉強しておけば良かったと痛感しました。

 

英語でのコミュニケーションの難易度が高い

日本での生活を全て英語で行うとイメージすれば分かり易いかと思います。

ワーホリに来て、SIMカードや携帯を購入し、家を探し、仕事探しで英語面接や履歴書を作成して...

いきなり全てを英語にするのは難易度がとても高いです。困難を含めて楽しめる方にとっては素晴らしい環境ですが、見らぬ土地に1人で来て頼る人もいなくて言葉も分からないのは大変ですよね。

 

英語でのコミュニケーションで困らない為には?

中学・高校の英文法と単語を勉強しておきましょう。資金や時間に余裕がある方はフィリピン留学を挟むのも良いかと思います。(僕もフィリピン経由でした。)

正直なところ、私たちはネイティブの英語話者には慣れないのである程度は苦労するのを前提にワーホリに挑戦しておいて良いです。

日本で勉強したい方にオススメの参考書をTOEIC200点から800点に上げるまでに使った教材で紹介しているので、良かったら読んでみてください。

下記にも載せておきますね。

 

②ワーホリ中に語学学校3カ月いって失敗

先に言っておきますが語学学校に行くことを否定する訳ではありません。

語学学校は楽しいですが、英語力を上げる観点ではお勧めできません。

僕自身3カ月の語学学校生活を通して、効果が感じられませんでした。

 

ワーホリ中の語学学校は1カ月位がベスト

ワーホリ中に語学学校に行く方は1カ月位がベストです。

理由としては、最初に友達を作る為にコミュニティーに所属していることでたくさんの方と知り合うことができる為です。

語学学校はあくまで友達作り程度に考えておくと良いです。(学校に通っている間に必要と感じれば現地で延長も可能です。)

 

ワーホリ中に語学学校に行くメリットはとデメリットを簡単にまとめました。

メリット

□同じくワーホリや留学に来ている友達ができる

□多少なりとも新しい表現が身に就く

デメリット

□月10万~15万程度かかる

□1日の1/3くらい時間がとられる

□英語力向上は見込めない

 

③ワーホリ中気づいたら周りに日本人がたくさんいて後悔

僕自身ワーホリ中は日本人と毎日遊んだり、ご飯を食べに行ったりしていました。

今思うともっと外国人と交流すれば良かったと後悔しています。

 

ワーホリ中は日本人同士で固まりやすい

どうしても言葉が伝わらない、異文化で慣れないうちは日本人というだけで共通の話題が多く、仲良くなりやすい環境にあります。

ワーホリには素敵な日本人の方々がたくさんいるので、つい仲良くしすぎて本来の目的である外国人との異文化交流の時間が少なくなっていたりします。

 

ワーホリ中に外国人と仲良くなる為には?

環境を自分で作ることが大切です。

簡単に外国人の友達を作る例を紹介します。

友達の作り方

□外人しかいないシェアハウスを選ぶ

□現地のイベントに参加してみる

□外人が多いサークルに所属してみる

□ローカルジョブを選ぶ

僕が最初に住んでいたシェアハウスは外国人だけだったので、よく週末はドイツやスペイン人のフラットメイト(同じ家の人)と出かけていました。

後述しますが、家の選び方は重要ですね。

 

④妥協してジャパレスを選んで失敗(1日で退職)

④妥協してジャパレスを選んで失敗(1日で退職)

僕は最初にオーストラリアのお寿司屋さんで働いていました。

1日中細巻(サーモン巻やカリフォルニアロール)を巻いており、自分がなぜオーストラリアに来たのか考えわずか1日で退職を決意しました。

日本食は好きですし、現地でも日本食レストランではよく食事をしましたが日本でもできることに時間を費やすのはやはりもったいないですね。

英語がそこまで堪能でない人にはハードルは高いかもしれないですが、ローカルのレストランやカフェを目指すことで海外の環境を味わいましょう。(時給も良い)

 

⑤ワーホリ前半に外食でお金使いすぎて後悔

ワーホリ行ける国は先進国が多く物価も高いところが多いです。

オーストラリアも物価が高く、ビール1杯600~800円、ソジュ(韓国焼酎)が1本800~1,000円で結構高いです。

 

ワーホリ来て最初の方は新しい友達もでき、毎日のように飲みに歩いていまして、楽しいんですよね。

アルコール類に加え、日本の居酒屋にあるような刺身や焼きそばもなかなかの金額でして、1回で1人6,000円~7,000円です。

週5位で飲みに行ってたので30,000円~40,000円位最初の1カ月は飲み代に使っていましたね。

最初は「友達たくさん作りたい」気持ちもあるかと思いますが、全部のイベントに参加すると結構料金がかさばるので気を付けてください。

 

⑥ファームジョブが見つからなくて失敗。車買って1500キロ移動

1年間のワーホリ後にセカンドビザが欲しい方はファームジョブを探すかもしれません。

僕はファームの知識が無かったのでシドニー→ブリスベンに飛行機で行き、更に車を買いファーム探しで1500キロ迷走しました。

事前にどのファームの知識が無く、どの地域にどの季節に行けば良いのか分からなかった為仕事が全然見つかりませんでした。(ファーム探しには季節によって旬の場所がある。)

ファーム探す方には是非下記の記事を参考にしていただけたらと思います。

 

【優良ファーム紹介】オーストラリアならCOSTA一択

オーストラリアファームの時期・シーズンまとめ

⑦シェアハウスの部屋でイタリア人が女性と夜営んでいて家選びに後悔

僕はオーストラリアで3つのシェアハウスに滞在しましたが、家によって特徴が色々あります。

一例ではありますが、日本人が多い、ヨーロッパ人が多い、日本人以外のアジア人が多いみたいな感じですね。

 

シェアハウスの部屋でイタリア人が女性と夜営んでいて家選びに後悔

当時住んでいた家自体は外人が多く気に入っていたのですが、表題の通り一つだけ気になる点がありました。

 

夜に女性をよく部屋につれてくるイタリア人と韓国人がいまして、同じ部屋で夜に女性と営んでる点ですね。

これはシェアハウスあるあるなのかもしれませんが、僕は日本人なので複雑な気持ちでしたね。(何より煩い。)

 

事前にどんな人がいるのか、男女比はどうか、部屋は綺麗か等はチェックした方が良いですね。

オーストラリアでワーホリをする方はシェアハウスの探し方と注意点を参考にしてみてください。

 

ワーホリにいって後悔した人の生の声

ワーホリにいって後悔した人の声

ネット上での悩みをいくつかピックアップして解説していきます。

 

①ワーホリに行って就職先が決まらない人

就職が決まらないというケースはワーホリに付きまとう一生の課題かもしれませんね。

この点に関しては誤解を生みがちかと思いますので、解説していきます。

ワーキングホリデーの帰国後就職がありません。どうしたら良いですか?

Yahoo知恵袋より:https://chiebukuro.yahoo.co.jp/

 

就職が決まらないことを言い訳にされる方は多いようですが、僕はワーホリ後に就職してサラリーマンマンに平均年収以上の給与を貰っています。(年収500万以上)

僕以外にも同時期にワーホリしていた友人で10数名いますが、全員が正社員もしくは個人事業主になっています。

 

ワーホリ後に就職が決まらない人はいるかもしれませんが、本質的な部分は「ワーホリ中に英語や他のスキルは身に着けたのか?」「遊んでいるだけで時間を過ごしていないか?」といった点かと思います。

ワーホリ後の就職に苦労する方の数はカナリ少ないので、気にしなくて大丈夫です。

心配な方はワーホリ後の就職に関してはワーホリ帰国後の再就職は難しい?でも詳しく解説しているので読んでみてください。

 

②ギリホリでワーホリに行った人の後悔

ギリホリの方の中でも多いのが下記の3つです。

ワーホリの素晴らしさにもっと早く気づいて色んな国に行きたかったという方が多いのが印象です。

ギリホリの後悔

□もっと早くワーホリに行けば良かった

□ワーホリもっとしたいけど年齢的に2年目が取れない

□ワーホリの年齢制限が引っ掛かりすでに行けない国がある

 

 

まとめ:【失敗談】ワーホリにいって後悔したこと【ギリホリは特に注意】

まとめ:【失敗談】ワーホリにいって後悔したこと【ギリホリは特に注意】

ワーホリで失敗や後悔したことをまとめました。

事前に日本にいる時間で対処できることも多くありますので、今からしっかりとワーホリにむけて準備してみてください。

ワーホリの準備で何すればいいか分からない方はワーホリの準備でやることを参考にしてい見てください。

 

ワーホリで後悔したことまとめ。

【ワーホリで後悔したこと】

①英語でのコミュニケーション

②語学学校3カ月いって失敗(英語力に効果なし)

③周りに日本人がたくさんいて後悔

④妥協してジャパレスを選んで失敗(1日で退職)

⑤ワーホリ前半に外食でお金使いすぎて後悔

⑥ファームジョブが見つからなくて失敗(車買って2000キロ移動)

⑦シェアハウス選びで後悔(部屋でイタリア人が女性と夜営んでてうるさい)

 

-ワーホリ

Copyright© hide life☆彡 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.